kiratto-life's blog

二児のママです。大阪から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

自分の人生の記録を付ける大切さ

子育てをしていると思うのが子供の成長はびっくりするほど早いってこと。

去年の写真を見て、赤ちゃんだった子供がすっかりお兄ちゃん、お姉ちゃんになっていました。いつの間に?

日々の忙しさにかまけて、記録をとっていないので、ふと気付くと成長しているんでね。

毎日、嬉しいことがあったはずなのに、古いことはどんどん忘れていっています。

去年、旅行に行った長島スパーランドアンパンマンミュージアムなどなど、子供の笑顔がいっぱいで楽しい思い出です。

だけど、去年のいつ行ったっけ?の状態になっています。(>_<)

本当はフォトブックを作ったりと振り返れるものが残したいんです。

旅行などのイベントごと以外にも日常でささやかな幸せを感じているはず!

なのに、思い出せないのはもったいない気がするのです。

その思いから日記を付け始めました。

一日3行程度で1ページに10年かけるようにしました。

毎日の幸せを日記に残して未来の自分への贈り物になれば素敵だなと思っています。

 

落ち込むこともあるけれど、自分の人生まんざらじゃないよと伝えたい。

 

私はマークス北欧柄のノートを日記帳として使っています。

丸川商店の日事記も上質でコンセプトも素敵ですね。実は日記を付けるのも、日事記に共感して始めました。

丸川商店の日事記

http://www.marukawashoooten.com/hijiki.html

 

日記を付け始めてから約3カ月が経ちます。書けていない日もあるけれど、途中でやめないで、続けています。一日の終わりに書こうとするので、子供と一緒に寝てしまうんですね(^^ゞ

これからもかけがえのない日常を日記に残して行きます。