読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiratto-life's blog

二児のママです。大阪から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

弱くても勝てます

野球にまったく興味のない私でも楽しく読めました。さわやかな読後感です。

 

弱いままで勝つって、昼夜を忘れて練習して強くなって勝つ、スポコンのエリートだと思ってました。

スポコン一切なしで本当に弱いままで勝とうとするんです。

強豪校の高校球児は小さい時から猛特訓しているスポーツエリートたちです。普通の高校生が勝てるわけがない。

本文の中に、「普通の高校が異常な世界で勝つには、普通のセオリーではダメなんです。」との言葉が、どんなセオリーで勝つの?と興味がそそられました。

練習時間もないし、飛びぬけてセンスがあるわけじゃない。現状を合理的にに考え既成概念にとらわれない戦略を立てる。

それが、守備より攻撃重視の練習に絞るということ。

普通に考えたら、守備も攻撃もってなるところを、超合理的に割り切って考えられるところがスゴイ!

世間一般の常識を追いがちだけが、それじゃあ全部中途半端になってしまい、自分の可能性を自分で潰してしまう。

大切なことは本当は世間一般の常識が大事なんじゃなくて、可能性は自らが切り開くものなのだと思いました。

 

初めての業界に足を入れた時、周りの人はキャリアのある方たちばかりで、素人の私なんて、と弱気になる事もありますが、素人でも活きる道はあるんだと思えた一冊でした。