kiratto-life's blog

二児のママです。大阪から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

ゆうゆうアンパンマンカーに乗ってきました!

四国のゆうゆうアンパンマンカーに乗ってきました!

ゆうゆうアンパンマンカーはJR四国の徳島から阿波池田の間を走っています。

アンパンマン列車

アンパンマン列車の種類はいろいろありますが、ゆうゆうアンパンマンカーは車両内にプレイルームがついているのが最大の特徴ですね!

 

ゆうゆうアンパンマンカー料金と乗車時間

徳島から阿波池田までは1時間10分ほどで、料金は乗車料金と指定席料金を合わせて大人3540円です。

大人二人で往復1万4千円ほどです。子供は未就学児童で席に座ってないと思ったのでチケットは取りませんでした(^^ゞ

 

ゆうゆうアンパンマンカーの旅、徳島から出発!

アンパンマン列車ゆうゆうアンパンマンカー

剣山5号に乗り込みます!正面は普通の電車にプレートがアンパンマンです。

アンパンマン列車ゆうゆうアンパンマンカー

2号車だけアンパンマン仕様になっています。みなさん、この電車の前でパチリ!記念撮影ですね(^-^)
子供は記念撮影よりも早く中に入りたくて、早く早くと親をせかしています(笑)
車両内の写真はあまり撮ってないのですが、唯一撮った写真がコレ!

アンパンマン列車ゆうゆうアンパンマンカー

故やなせたかし先生の直筆のイラストが描いてありました!

大人の私としては、これが見れただけでも価値がありました。

アンパンマンの指定席からプレイルームがつながっていて、子供たちはすぐにプレイルームへ直行です。
やはり席に座ることないですね。

子供は夢中になって遊び、初めて会うのにすぐにお友達になってました♪

プレイルームには見守りのスタッフが1名ついててくれるので、親は座席でゆっくり出来ます。
ただ、我が家の弟君はやんちゃ過ぎて、「保護者の方~」と呼ばれました(^^ゞ

子供が座席に帰ってくるのは、「のど乾いた~」と水分補給の時ぐらいでした。

 

ゆうゆうアンパンマンカーの旅、阿波池田に到着!

徳島から10駅ほど停車しながら約1時間後に阿波池田に到着し、下車しました。
15分ほどで、帰りのゆうゆうアンパンマンカーに乗るのでホームで待機です。
隣のホームの改札出てすぐにキヨスクがあるので、パンなど軽食を買い、すぐに元のホームへダッシュです。

 

アンパンマン列車スタンプラリーやっています

9月30日までアンパンマン列車のスタンプラリーをやっています。スタンプを押すのは小冊子になっていて、乗車する際の徳島駅でも貰えますし、ゆうゆうアンパンマンカーの中でも配布していました。

私たちは徳島駅でも貰ったので、改札を通るとすぐにスタンプ設置場所へ向かいました。

スタンプを押して子供たちはニコニコ顔です。(^-^)
阿波池田に到着したときには子供も大人もスタンプの事は忘れてました。が、パンを買いにキヨスクへ向かった時、改札すぐ近くにスタンプを発見!
短い時間だったので、子供たちにはスタンプの存在は忘れたままにしました(-_-;)

ゆうゆうアンパンマンカーの車両内にもスタンプがありますので、乗車したら忘れないうちに早めにスタンプを押すのをオススメします。

プレイルームで夢中で遊んでいるとスタンプのこと、忘れちゃいますからね。

駅のスタンプとアンパンマン列車内のスタンプをそれぞれ2種類以上を集めるとスタンプラリーに応募できます。
私たちはゆうゆうアンパンマンカーだけなので、残念ながら応募は出来ませんでしたが、スタンプ押すのってなんだか楽しいですね♪

アンパンマン列車スタンプラリーの詳細は、JR西日本で紹介ページをご覧ください。

 

ゆうゆうアンパンマンカーの旅、予約方法

以前のエントリで予約方法を紹介していますので、参考どうぞ(^-^)

予約は電話でもネットでも出来ます。

以前のエントリでJR西日本を紹介しています。
電話、もしくはネットでチケットを予約して購入までしておくと、乗車当日に受取りが出来ます。
ゆうゆうアンパンマンカーに徳島駅から乗車する場合は、徳島駅でチケットを受け取るのが一番スムーズでオススメです。
気になる方はJRの電話予約サービスのご利用案内【電話予約サービスのご案内:JRおでかけネット】で確認してみてくださいね。

 

ゆうゆうアンパンマンカーの旅、感想。

徳島12:01出発し戻ってきた時間が14:45、電車乗り換え時間も含み所要時間は2時間44分です。
車窓からは吉野川の美しい流れや水田など、のどかな田園風景が広がっていました。

子供たちは、往復プレイルームでずっと遊び、また乗りたいと大好評でした!

費用は電車に1万4千円、徳島駅で駐車場代が1500円ほど。けっして安くない金額ですが、今の年齢ならではの楽しさと、故やなせたかし先生の直筆イラストが見れたので、費用の事は忘れようと思います(^u^)

 

ゆうゆうアンパンマンカーの旅、次に乗るならアンパンマントロッコ!

次にアンパンマン列車に乗るなら、涼しい頃にアンパンマントロッコに乗りたいですね!

トロッコは窓がなく瀬戸内海の風を感じる事ができるので開放的です。
座席も木製のベンチで普段とは違ってレトロな雰囲気で楽しめそうですね(^-^)