読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiratto-life's blog

二児のママです。大阪から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

真っ暗だと怖い!光があるだけで安心です。防災対策

考え方 子育て

9月1日は防災の日です。避難グッズや家具の固定など防災対策はされていますか。

 

阪神淡路大震災、我が家も被害を受け、家は半壊です。

 

突き上げるような縦揺れに、激しい横揺れが長く続きました。
本当に長かった!揺れてる時間が長過ぎる。揺れていた時間は約50秒だけど、長かった!
布団の中で身を縮まらせるのがやっとで、揺れが収まった時に室内は真っ暗でした。

いつも街灯の光があって、深夜でも真っ暗になる事のない街。

揺れが収まった時は、どこか郊外の夜かのように真っ暗になりました。

 

やばい、何も見えない。と思った瞬間に、頭上に光が!
弟が懐中電灯をつけた瞬間でした。
光が灯っただけで、ほっとして布団から出て、家族の安否を確認し、動くことが出来ました。
ご近所の安否も確認し助け合いました。

あの時に、すぐ避難行動を取る事が出来たのは、弟の懐中電灯のおかげです。

 

あんなに怖い思いをしたのにね

あれから長い年月が流れ、私も二児の母になりました。

あんなに怖い思いをしたのに、つい先延ばしにして、防災対策ができていません。

ダメじゃん(>_<)

防災を意識して行っているのは、地域の避難訓練の参加と背の高い家具を置かないこと、その2つぐらい(-_-;)

 

今でも地震には敏感で少し揺れただけでも心臓がバクバクします。

そして子供を守らなきゃって思うんだけど、、、

被災ママ812人が作った子連れ防災手帖

被災ママ812人が作った子連れ防災手帖

子供を連れての避難体験を読んで、少しずつでも防災対策を進めることにしました!
まずは100円ショップでライトと蓄光テープを購入!
ライトに蓄光テープを付けて、暗闇でもわかるようにして、枕元、玄関、廊下、リビングに設置しました。

まず、灯りがないとね!

これで少し安心です(*^。^*)

 

震災の時に、陶器や窓ガラスが割れていたのも印象に残っています。
ご近所の家で、玄関近くに観音開きの食器棚があり、玄関が割れ物だらけで外に出るのが大変でした。

玄関に姿見があるので、ガラスフィルムを貼ろうと思います。
あと、ベランダのガラスもね。

 

少しずつだけど、防災対策を進めていきます!

いざって時、私は子供たちを守らなきゃ。

自分自身と大切な家族を守るべく、防災対策に取り組んでいきます(^ ^)/