読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiratto-life's blog

二児のママです。大阪北部から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

今夜は中秋の名月、明日はスーパームーン、親子で楽しむ十五夜お月さま

日記 子育て

今夜は中秋の名月、明日はスーパームーンですね!

月は、子供にも身近な天体です。子供の興味を広げるいいチャンス。
一緒にお月見を楽しみましょう(^-^)

 

お月見の準備

お月見と言えば、月見団子にススキ。
今から、団子を手作りするのは大変。スーパーへレッツゴーです(^^ゞ
合わせてススキも飾れば、お月見の雰囲気が高まりますね。

パパとママは晩酌の準備も忘れずに(^-^)

家族みんなで、のんびりと夜空を見上げるチャンスです!

 

中秋の名月を見ながら、子供の興味を広げる豆知識を紹介します。

中秋の名月、お月見マメ知識 月の中のうさぎは世界共通か?

月の中に見える模様、日本ではうさぎが餅つきをしていますね。どの国からでも月の同じ模様を見ているのですが、その国、地域で月に見える模様はそれぞれです。

欧米:女性の横顔
インドネシア:編物をしている女の人
ベトナム:木の下で休む男の人
アラビア:吠えているライオン
ドイツ:薪をかつぐ男

所変われば見え方も変わります。文化の違いも関係しているんでしょうか。

 

中秋の名月の別名は十五夜、お月見でなんでお供えするの?

昔は月の満ち欠けで暦が作られていました。今で言う、旧暦です。旧暦で農作業が進められていました。
秋は収穫の時期。豊作を祈り、満月の月に見立てた団子をお供えしたのです。

月見団子のまん丸は、ものごとの成果が実を結ぶことや健康と幸福をも表していると考えられ、そのお団子を食べるようになったそうです。

ススキは垂れ下がる稲穂の姿に似ていることから、ススキが飾られるようになったそうです。
この時期はまだ稲穂が実る前ですね(^-^)

 

◆「十五夜お月さん」って歌があるけど、15日が満月なの?

十五夜は旧暦の8月15日の月を指すので、現在使われている新暦とズレがあります。

毎年、日にちは違うってことですね。
その年により満月の時もあるし、そうでない時もあります。

今年2014年は、中秋の名月十五夜の翌日9月9日が満月です。

しかも、スーパームーンです。

 

現在ではお月見の意味合いも薄れていますが、家族団らんの時間と宇宙へロマンを広げてみてはいかがでしょうか。
月を見ながらの晩酌で、夫婦の仲も深まるかもしれませんね!

子供と一緒に、または夫婦でロマンチックな夜をお過ごし下さい(^O^)/