読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiratto-life's blog

二児のママです。大阪から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

大人になることは、自分の信念を貫き通すこと

考え方 日記

今週のお題「書くこと」

 

9月15日放送のドラマ『HERO』第10話見ましたか!

来週の放送で最後になると思うと寂しい(>_<)
次回の放送が楽しみってより、寂しさが勝ちまくりのkirattoです(T_T)

 

キムタク演じる検事、久利生が自分の信念を貫き通す姿が好きなんです。

徐々に周囲の人間も感化されていく。これがイイ!

現実の世界って、特に会社って正直者がバカを見るって言うか、自分の信念を貫き通すって難しい(-_-;)
周囲の人間が感化されるより孤立するリスクが大きいような、、、

 

今回のHEROでも、事件を追及すると冤罪が発覚し、検察の重大なミスを暴くことになる。
城西支部のメンバーは検察からも世間からもバッシングを受け、クビになるかもしれない。

仕事を失う。将来への不安。

 

ここで、久利生の言葉にハッとします。

「周りの人とうまくやらなくてはならないことは分かっている。でも、事件の当事者にはそんな事は関係ない」

「やっぱ事件には真っ正面に向き合っていかないと駄目でしょ?」

 

久利生も周りの人とうまくやろうって発想あったんだ(@_@;)
自分の信念が揺るがず、貫き通せること。
やらないこと、怖くてできないこと、自分に嘘をついて誤魔化すこと、言い訳はいっぱいできるけど、得るものは何もない。

勇気がいるけど、自分の信念を貫き通すこと、自分に正面に向き合って行動する、これが大人になること、だと思う。

 

もやもやした気持ち、いろんな気持ち、考えがあると思う。
自分の中で、ため込まないで、書いて吐きだしてみよう。

書くことで、自分の考えが整理される。

しょうもない事しか書けないと思っても、振り返って読んでみると、信念を貫き通している自分を発見出来るかもしれないね(^-^)