読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiratto-life's blog

二児のママです。大阪北部から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

『10歳からの子育て』を読んで落ち込んでしまった

上のお姉ちゃんは6歳。来年は小学生。『10歳からの子育て』の時期には少し早いけど、10歳は難しいお年頃。

知ってて損はないと思い読んだのですが、自分の小学生、中学生の時期を思い出して落ち込んでしまいました。

 

人生も折り返し地点に入ろうとしている年齢で、まさか幼少期の感情に揺さぶられるとは!

驚きを通り越して凹んで落ち込んでしまいました。

困ったものでこんな暗い感情に囚われてしまい、吐き出して脱出を試みてみようと思います!

 

注意!暗い気持の連鎖に引っ張られる恐れがあります。書いてたなんですが、今回は思いっきり自分のために書いているので、ご注意ください<(_ _)>

 

『10歳からの子育て』著:高濱正伸

高濱正伸の10歳からの子育て

高濱正伸の10歳からの子育て

 

 目次:

第1章 「男女の違い」を知れば家庭は変わる(男らしさ、女らしさが失われた時代の不幸/ 男女の違いをお互いに理解することが幸せの鍵 ほか)/

第2章 十歳の「子離れ宣言」からの育て方(思春期のベースとなるオタマジャクシ時代/ カエルに変わり始める小三の六月 ほか)/

第3章 お母さんの役割(お母さんは家庭の中心/ 母さえいれば子は育つ ほか)/

第4章 お父さんの役割(お父さんは家の外ではヒーロー/ 妻へのサポートが最大の役割 ほか)/

第5章 思春期は親の真価が問われるとき(「大人の本音」を言えるのは親しかいない/ 思春期の問題は「夫婦の結束力」で乗り越える ほか)

 

子供がオタマジャクシからカエルになる節目の10歳

10歳は微妙なお年頃。
子供から大人へと大きく変化する重要な時期で思春期の入口ですね。

子供を一人前の大人にする為に思春期を境に子育てのあり方をガラリと変える。
そうですよね。オタマジャクシからカエルになる時期、もう大人の階段登る時期に差し掛かったということですね!

 

この時期に昔は節目として「元服」がありました。
あなたはもう大人ですよ、って節目ね。
ご存知の通り今は元服がないので、「子離れ宣言」をしましょう!

 

「困った大人」にならないように「今日からあなたは大人、自分のことは自分で」と宣言し、これからは大人として扱います。

子離れ宣言をしてからは、大人になる準備として同性の親が結婚・仕事・性についても少しずつ教えて行く。

 

10歳からの育て方

 同性の親が子供にありのままの恋愛体験を話そう。失敗や後悔のほうが子供には学びになるし親に今までとは違った親しみを覚えるでしょうってあるけど、、、

 

どんなに自分がダメ女だったか、どんだけ頭のおかしい男に引っかかったか。そんな話しを子供に話せないよ。
てか、今の人間関係の中でも話せないよねぇ。

人に話せるような失敗は失敗なのかと疑問さえ抱くよ。
人に話せるレベルってそれ、成功のための一歩になってると思う。

 

いじめについても、何でもいいから何か一つ自信を持てるものを身につけて、いじめを跳ね返す強さを身につけよう!

 

「私だっていじめられた経験あるよ」とみんな言うよね。
だから「私のいじめ体験も普通だ」って思ってたよ。人には話さなかったけどね。

ある時ママ友のランチで、子供がイジメにあった時の話をしたお母さんがいたの。
それ聞いてみんな「ひどい!ありえない!」と真剣に言ってたの。
でも私その話し聞いて「普通じゃん」て思った。
もしかして、私のイジメ体験の基準っておかしいのかもって初めて感じたよ。

 

後日、同じ場にいたママさんに私のイジメ体験を話したら引かれてしまった。
引かれると、より酷さを実感してその時は少し凹んだよ。

 

ありのままの自分の話をするって言うけど、引かれるぐらいのレベルのいじめ体験なんて子供に話せないよ。

 

達成体験を積ませよう!

達成体験を積んだ人間は、人間としての強さと柔軟性があるのでどんな状況も乗り越えられる。その後の人生に大きな影響を及ぼす。

 

達成体験は、2種類あって病気や失恋などの克服体験とコンクールや大会などで優勝するなど目標を達成する体験。

苦しい時期もあったけど、諦めずにやりきった体験。

 

ないね。私にはそんな体験がない。思い出せないだけかもしれない。

 

お父さんは幼少期の子供と本気で遊ぼう!
不登校や引きこもりになるのは幼い時にお父さんに遊んでもらえなかった子に多い。

 

ないね。これもないよ。
だいたい、父親は家にいなさ過ぎて、近所の人は母子家庭だと誤解してしてたぐらいだからね。

http://www.flickr.com/photos/87335429@N00/286761056

photo by cava_cavien2

 

私は辛うじて「困った大人」にはなってないと思うんだけど、けど、すごくダメ人間な気がする。

全てが理想の家族も人間もいないけど、親子関係はすこぶる良好。

だけど、私が小さかった時から結婚するまでの話を、ありのままに子供に話すことは出来ないな。

 

本当は昔の事を思い出して落ち込む必要なんてないのに。
はっきり言ってバカじゃないの。私。オバサンになった今、そんなよわっちぃ根性でどうするの。

そんなことで気分が沈むなんてあほらしいよ。

前を向こうよ。

いつもは前向いてるやん。どうしたんだ。

今日はクリスマスイブ。イルミネーションを見に行くんでしょ。

元気出して。

思い出すのは今回で終わりにしようね。

 

まとめ

本はすごく良い内容だと思う。思春期の子育ての参考になると思います。だけど、理想だよね。って冷めた自分がいて困りもの。

「理想だよね」ってしないと自分が救われないんだろうね。きっと。

 

おしまい。

 

追記

コメントありがとうございます。

記事で書いた事で70%すっきりして、コメント読んでプラス150%すっきりしました!

コメントの返信としてIDコールさせていただきました!(^^)!

id:guropan さんの育児書を読んで落ち込むことがあるってコメント読んで、な~んだ私だけじゃないんだ、と安心しました。

id:popoonさんやid:kun-maaさん、 id:himuka14さんもおっしゃる通り、理想論なんですね^_^;

育児と学習教育は違う、言われて初めて「そうか!」と気付きました。
学習教育は興味あるし、きっと好き♪

 id:s-supporter さん、id:wattoさん、そう言えばこのテーマの育児書読むの初めてで、それが全て正解のように感じていました。違う著者の本も読んでみると視点が違って良さそうです。

そもそも育児書に興味がなかったのに、本屋で平積みされて評判良さそう、これから必要かも、な~んて軽い気持ちで読んでなんてこったい!となった次第です。

id:kao74さん、負の連鎖ってやつにやられちゃいましたか^_^;。ごめんなさいね。
私はお陰さまで呪縛が解けてスッキリです(笑)

id:tamako-makomakoさん、ありがとうございます。そう言って頂けると嬉しく励みになります(#^.^#)

 

みなさま、ありがとうございました(^_^)/