kiratto-life's blog

二児のママです。大阪から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

ママ主催でバーベキューが出来るのか!?アウトドア初心者がベルメゾンオリジナルBBQコンロをレビューします。

 

我が家はパパがキャンプやバーベキューに慣れているので年に数回バーベキューをします。バーベキューをするときはパパが取り仕切って人数も多いから準備も大変です。

いつも食べるだけの私だけど、気軽に自分でもBBQ(バーベキュー)が出来たらいいなって思っていました。パパの力を借りずに自分だけで出来たらってね。

今回、ベルメゾンさんからBBQコンロをモニターする機会を頂きましたので勇気を出して初心者の私が主催でBBQをやりました!

さて、いつも見てるだけの私がメインとなってバーベキューは出来るのでしょうか。BBQコンロの使い勝手や感想レビューとママのBBQデビュー体験レポートです(*^-^*)

 ステンレス製コンパクトバーベキューコンロ

サイズはレギュラーとワイドの2種類で今回はワイドサイズです。しっかりしたプチプチで梱包されて届きました。ワイドはA4用紙2枚ぐらいの大きさ。

■レギュラー/使用時サイズ:約34×30×約47.2(高さ)cm、収納時サイズ:約34×35.5×3.4(厚さ)cm
■ワイド/使用時サイズ:約46×30×約47.2(高さ)cm、収納時サイズ:約46×35.5×3.4(厚さ)cm
●製品重量/レギュラー:約2kg、ワイド:約2.4kg
●主材/本体:18-0ステンレススチール、脚・アミ:スチール(クロムメッキ)
●折りたたみ式
●付属品/焼き網、ロストル
●取扱説明書付き
●一部組み立て
●日本製

軽くはないけど小学生でも持てる重さです。4歳児にはまだ持てないかな。

パカッと開けるとステンレスでピカピカのBBQコンロの登場です。

パパのBBQコンロじゃなくて、私のBBQコンロ。なんかドキドキしちゃう(*´ω`*)

本体と付属品。どうやって組み立てるんでしょうね。

説明書を見てみましょう。

組立て方法は本体をパカッと開けて本体の脚を交差させて、側板を取り付けロストル(炭を置く板)、網を乗せて完成。

BBQコンロの組み立てに少し苦戦したけど、一人で出来ました!

説明書では「短い脚を長い脚の上を通して交差させる」と書いてありますが、脚の長さは同じように感じます。実際は長さが違うだろうけど長さで見るとダメ。わからなくなります。いや、説明書にはちゃんと書いてあるんだけどね(-_-;)
実感としては脚の横幅が違います。

脚の横幅が違いますので、幅が狭い脚を広い脚の下にくぐらせるようなイメージですると交差させることが出来ました。

側板とはめ込んでロストルをポンッと乗せて。

本体に側板を固定する穴があって側板を引っ掛けるようにします。片方を穴に引っ掛けて、もう片方に引っ掛けようとするとまた外れたりとジタバタ。
難しいことじゃないけど、これは圧倒的に慣れの問題です。私がどんくさいだけ(^-^;

これに網を乗せるとBBQコンロの組み立て完成です!

今回は私のBBQデビューなのでこじんまりと家族だけでBBQをしました。

 

家族でBBQをやってみよう!

パパが着火剤を嫌がるので着火炭と普通の炭3kgを準備しました。

火を起こす準備。いつもならパパの仕事だけど今日は私が火をおこします!

パパならガスバーナーであっという間に炭に火をつけますが、私はガスバーナーは怖くて使えません(>_<)
でも大丈夫。新聞紙を着火炭に木の枝をセットして新聞紙にチャッカマンで火をつける方法でもちゃんと火をおこせました!
着火炭が燃え出したら普通の炭も入れて完成です。大成功。やったね!

火が燃えたのと引き換えに私の頑張りも燃え尽きました(^-^;

子供たちがマシュマロを焼いたり

オリーブオイルを温めて

タコやイカ、ムール貝などでアヒージョです。

冷凍のアヒージョミックスを使いましたが、ウマい!
具材は全部冷凍でセットになっていたものですが、めっちゃ美味しかったです。

軽くあぶったフランスパンにオリーブオイルをつけて、うん。美味しい♪

ソーセージは「お肉屋さんの国産生ソーセージ」
ローソンフレッシュ注文したもの。楽天市場で売ってる商品ですがローソンフレッシュで楽天の商品が注文が出来るようになってたのでポチリました。
皮がパリッとしてお肉はぷりっぷりでジューシー。塩味が効いていて美味しい♪

ミックスサラダにアヒージョのオイルをドレッシングみたいにかけて食べると、これも美味しいね!

網をどけなくても炭を入れたり出来るので便利。

 BBQをしていると途中で炭を足したり移動させたりします。横から見ると空間が開いていますよね。これだけ空いていると炭を入れやすいそうです。(パパ談)

横からトングを入れて炭を動かしたりしています。

横からトングが入らないと網をどかさないとダメですもんね。網をどかさないで炭を動かせるのは便利ですね。

ほとんど炭も燃え尽きたのでそろそろお片付けですね。

そう言えば、ロストルの凸部の面を上にするって説明書には書いていましたが、うっかり凹面を上にして使用しました。使用後にはロストルが反り返っていましたが次回に裏返せばいいかなってぐらいに考えています(^^;

下のVになっている箇所に灰が落ちていますね。Vの箇所に灰が溜まって固まるそうなので、炭や灰を捨てた後にVの箇所のを水で洗い流しました。
これでバッチリです。

 

BBQデビューの感想

 正直に言うと、パパの力を借りずに出来るかと少し不安もありましたがBBQコンロの組み立て、火を起こすことが出来たのでバッチリ自信はつきました。

できる!BBQ初心者のママだけでもできる!

着火炭は6個ぐらいしか使っていないし、炭も1~2kgぐらいしか使っていません。食材もマシュマロとアヒージョとサラダ、フランスパンに飲み物ぐらい。他にはレジャーシートとイス・コップ・トング・割り箸ぐらい。パパが小さいテーブルを準備してたけどあれば便利だけどなくても良さそう。

これぐらいの量だったら準備する食材やアイテムも少ないのでママだけでもBBQ出来るね!

 

BBQコンロはペタンコになるし場所を取らないでいいのだけど、BBQコンロを入れるカバンがあったほうがいいと思いました。カバンを100円ショップで探そうかな(*^-^*)

本体を閉じた状態で脚が持ち手になるのだけど、持ちやすいようにベビー用品のシートベルトカバーを付けました。カバー着けていると持ちやすいし、手を放しても脚が固定されて左右に開かなくなるのでちょうど良いです。

ワイドだったら自分たち4人だけで楽しむには十分で2家族ぐらいでも大丈夫な大きさだと思います。

 

「自分でも出来る!」
やってみれば思ったよりも難しいことではありませんでした。次からはもっと手軽にBBQが出来ます。

肉を焼いても焼かなくても、大勢じゃなくてもBBQは楽しい。緑の中で美味しいご飯を食べて、子供たちは遊んで、緑の中ただ時間をのんびり過ごす。

なんだろね、リフレッシュできました!

 

以上、「ママ主催でバーベキューが出来るのか!?アウトドア初心者がベルメゾンオリジナルBBQコンロをレビューします。」でした(^^)/

 

詳細はこちら>>ステンレス製折りたたみ式コンパクトバーベキューコンロ

 

 今なら新規会員登録で1000円OFFクーポンプレゼントです♪

ベルメゾンネット