読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiratto-life's blog

二児のママです。大阪から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

ハウスダストにはカーペットよりフローリングが良いと一概に言えないのはなぜ?

http://www.flickr.com/photos/78208003@N00/277608943

photo by Happy Sleepy

 

私がハウスダストになった原因は慣れない初めての育児中にタイルカーペットを敷いたことでした。

では、ハウスダスト対策にはカーペットよりフローリングが良いのでしょうか。

 

答えは「フローリングが良い」とは一概に言えません。「フローリングだから悪い」場合もあります。

 

ハウスダストになる原因は空中に舞い上がったアレルゲンを吸い込むことでアレルギー症状を引き起こします。

 

カーペットのほうがハウスダストが意外に少ない!?ダストキャッチ効果の威力

ダニはフローリングだろうとカーペットだろうと畳だろうとどこにでもいます。どこでも繁殖します。

実はカーペットを敷いている部屋の方が空気中に浮遊しているハウスダストの量が少ないんです!

カーペットがしっかりとホコリを取り込んで舞い上がらないようにしてるんですね。だからカーペットの中にはホコリが含まれている分、空気中にはホコリは舞い上がらず室内の空気が清浄に保たれるという仕組みです。
そもそもカーペットの発症は砂漠の多い国々で砂埃を舞い上げない為に出来たという説もあるぐらいです。

 

フローリングだとホコリを吸着するものがないので少し空気の動きでも空気中にホコリが舞います。掃除も正しい手順で行わないとホコリが空中に舞い上がるだけで掃除にはなりませんね。

 

問題はダニが繁殖しやすい環境を作らないこと

ダニが好む環境が揃っていればダニは繁殖します。

  1. 湿度55%以上
  2. 温度20度~30度
  3. 髪の毛やフケ、食べこぼしなどダニの食べ物になるもの
  4. 潜りこめるような住処

お布団なんてダニにとって最高の環境ですね。

 

湿度を50%以下にして温度50度以上を20分継続するとダニは死滅します。外に布団を干すぐらいではダニは死滅しませんね。
上記の4つの条件が揃えばダニは繁殖します。

 

我が家が布団カバーを替えて効果があったのは上記の3と4をシャットアウトしたからですね。

 

カーペットには掃除機が一番大切!

我が家だってカーペットを敷いた当初は良かったんです。掃除機の吸引力が弱かったのと掃除機であまり掃除していないことがハウスダストになった最大の原因です

 

カーペットもいくらダストキャッチ効果があるといっても限界がありますもんね。限界まできてカーペット内に取り込むことが出来ず一気に吐き出した感じでしょうか。

 

カーペットを掃除機で掃除しないことでダニの好む最適な環境を作り上げていました。

空気が乾燥したら加湿機だって使います。掃除機をかけないとダニだって繁殖し放題になりますわ。

 

まとめ

http://www.flickr.com/photos/12071889@N00/2370989442

photo by Andrea Kirkby

 

カーペットが悪いわけじゃない。掃除機で掃除さえすればカーペットのほうがハウスダスト対策には良いと言えます。掃除機でまめに掃除が出来ないご家庭はフローリングの方が良いですね。

 

ポイントはホコリを空気中に舞い上げない。

ダニが繁殖しやすい環境を作らない。

 

この2点が最大のポイントです。

カーペットかフローリングかの選択はそれぞれのご家庭にライフスタイルで考えてみてくださいね!

 

我が家はもう少し子供が大きくなって食べこぼしも減ってきたらペルシャ絨毯などの毛が短い肌触りのよい高級絨毯を使ってみたいと野望を抱いています(*^。^*)

 

◆こちらの記事もおすすめです

 

以上、「ハウスダストにはカーペットよりフローリングが良いと一概に言えないのはなぜ?」でした(^o^)/