読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiratto-life's blog

二児のママです。大阪から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

小学校就学前にひらがなの勉強はする?『なぞらずにうまくなる子供のひらなが練習帳』がおすすめです!

http://www.flickr.com/photos/34418479@N06/3274153973

photo by -Snugg-

 

5歳、6歳ぐらいになると小学校入学準備としてひらがなや数字の書き方など気になってくるママさんも多いと思います。

実際に入学前の幼児の内から勉強しとく方がいいのか、小学校に入学してからで十分なのか。

実際に子供が小学生になってからわかったのは小学一年生になってからで十分だと感じますが、子供の個々による差もありますし、知的好奇心に目覚めてくる年齢でもあると感じています。

 

特に女の子。お手紙ごっこがしたい。文字を書いてお姉ちゃん気分になりたい。

文字が読めるようになりたい。書けるようになりたい。

文字に興味がでて覚えたい気持ちがみなぎっているタイミングだったらひらがななどの文字の練習を始めてみてもいいでしょう(^-^)

 

『なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳』がおすすめ!

なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳

 

実はこちらのひらがな練習帳を買ったのは小学校入学前の春休みの時期です。それまでは好きに書いていいよと400円ぐらいのドリルを買っていました。早くこのひががな練習帳に出会っていたら良かったのにと悔しく思うぐらいです。

 

この『なぞらずにうまくなる子供のひらなが練習帳』は表紙をみてもわかるように、書き方のポイントがパッと見て視覚的につかみやすく理解しやすい。

書き方がイメージしやすいのとイラストがかわいくてコメントを読みながら文字をなぞって楽しい雰囲気で練習ができます。

 

中身がどんな感じか少しご紹介します。

一文字を3ステップ3ページにわたって習得します

ステップ1

f:id:kiratto-life:20150903115917j:plain

文字を読んで、指でなぞって、どんな言葉があるか見て知る。導入ですね。

 

ステップ2

f:id:kiratto-life:20150903120323j:plain

 

イラストとコメントの「しゅ~、がけからおっこちた~」などをを読んで楽しく書き方の流れを学びます。イメージ作りですね。

 

ステップ3

ステップ2のイメージ作りより少し論理的に書き方のポイントを学びます。

 

ステップ3まで出来たら大人でもとても美しいひらがなを書けるようになると思います。

小学生準備として幼児で勉強するならステップ2ぐらいでいいねぐらいの気持ちで取り組んでみたらどうでしょうか。

このステップ2の文字の書き方をイメージするのが楽しいと思うし、小学校に入学してから授業でひらがなを習うようになってもイメージ出来るのはプラスになると思います。

 

最後に

子どもの興味がまだ文字を書くことに向いていないようなら、文字ではなく逆上がりの練習とか身体を動かすことでもいいし、工作を作ってもいいと思います。
達成感を感じて子どもが少しお兄ちゃんお姉ちゃんになってるんだって自信につながるような体験になればいいですね(^-^)

 

「できた!」「楽しい!」一つ一つ達成感を積み重ねて自信を付けていける機会になれば幸いです\(^o^)/

 

本の詳細はこちらからどうぞ。

なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳