kiratto-life's blog

二児のママです。大阪から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

体外受精や顕微授精(特定不妊治療)には助成金が支給されます。

http://www.flickr.com/photos/75752629@N00/15623485538

photo by Brian U

 

前回の記事で今春から不妊治療の民間保険が解禁とのニュースを取り上げました。

行政としても不妊治療対策として今春、平成28年4月より助成金の拡充がされます。

 

不妊治療の種類

不妊治療のステップとして排卵日を合わせたタイミング法、次に排卵日に精液を子宮内に戻す人工授精があり、最後の手段として卵子と精子を採取し体外で受精して子宮に戻す体外受精。顕微鏡を見ながら直接に卵子へ精子を注入する顕微授精はもっとも高度な技術を要する治療法です。

体外受精の費用は1周期あたり30~50万円。

 

特定不妊治療助成金の内容(助成回数、対象範囲、金額など)

1回15万円を上限として年間2回、通算10回、年齢制限なしとしていたのが2016年4月より43歳未満を対象として、年間上限を撤廃し通算で6回(初回40歳未満、40~42歳は2回)に変更になりました。

助成金限度額は15万で現状維持ですが、平成27年度補正予算が成立し、本助成制度が改正し助成金の限度額が初回のみ30万円に増額しました!

そして、男性の不妊治療にも15万円を限度に助成金が支給されます!

内容は大阪府、厚生労働省のホームページを参照しましたので詳しくはこちらで確認して下さいね。不妊治療中もしくは今から不妊治療を考えている方はご自身の自治体のホームページを参照されることをおすすめします。

国が定めている不妊治療助成金とは別に自治体独自の助成金もあるかもしれませんからね!

他注意点として夫婦であること、所得制限があります。

  • 法律上婚姻している夫婦で特定不妊治療以外は妊娠の見込みが少ないと医師の診断がされた方が対象。
  • 所得制限として夫婦合算で所得額730万円。

 

まとめ

http://www.flickr.com/photos/12925992@N00/3321163987

photo by wetribe

 

1回の助成金限度額15万円(初回30万)。男性の不妊治療にも助成金が支給されます。

今春から対象年齢や通算回数が変更されますのでご注意ください。

 

もし、助成金を申請していない場合は、ご自分の地町村へ確認してみてくださいね!

 

以上、「体外受精や顕微授精(特定不妊治療)には助成金が支給されます。」でした(^^)/