kiratto-life's blog

二児のママです。大阪から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

ガラケー愛用者がiPhone6を触って、まだまだガラケーで良いと思った理由

スマホのこのご時世に私はまだガラケーです。
友達が、iPhone 6を買ったそうで、人気みたいですね。
スマホはてなブログがどんな風に見えるのか興味があり、少し触らせてもらいました。

 

私が使っているIT機器

メカ音痴ってわけワケじゃないけど、携帯全般に苦手意識があります。

携帯はガラケー

私専用のノートPCと家族共有のデスクトップ、ソニー「VAIO」があります。

この「VAIO」がタッチパネルなんだが、反応が悪くてイライラする(--〆)
反応しているのに画面が開かなかったり、隣のボタンが反応したりでスムーズにいかない。
95%ぐらいはマウスで操作しています。

大人は画面を触っても反応しなのに、子供だと反応したりで、もう諦めました(^_^;)

 

iPhone 6を触ったけど入力すらままならず

さて、iPhone 6ではてなブログの管理画面や自分のブログ、他のサイトを見てみた。
見るのは出来るけど、文章をなんとなく読むだけならいいが、何かを探すとなると、目がしんどい。

まず、何か調べ物をするなら私の比較対象はガラケーではなく、パソコンになる。
パソコンに比べて画面が小さいから、目がしばしばする(-_-;)

広告やリンクを触らずに目的の箇所まで進むのに一苦労。
いや、開きたくないページも開いてしまった(ToT)

 

文字入力すら出来ない。
例えば「き」と入力する場合、ガラケーでは「か」のボタンを2回押す。
それが、iPhone 6だとフリック?フリクションって言うのかな?「か」の場所を指でサッとなぞると「か行」が出てくる。

 

もうこのへんで拒否反応が出てきたよ、、、

入力も、もう友達に操作してもらいましたとさ。トホホ(^_^;)

 

私はガラケーのままでよい

 パソコンだったら、もっと積極的に触ろうと意欲がでる。エクセルのVBAだって独学で勉強したし、ワードプレスやHTMLなど言語を勉強するのも苦にならない。(得意とは言ってない)

けど、iPhone 6は私にとって、携帯のカテゴリーでそれだけで学習意欲が及び腰になってしまう。

私にとってスマホの壁は高いのだ。

ガラケーのままでいい。

何か買うのなら挑戦の意味も込めて、タブレットPCが欲しいかな(*^。^*)