読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiratto-life's blog

二児のママです。大阪から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

ガラケーから格安スマホへ移行の流れ

ガラケーから格安スマホへ移行するには少し勇気、いや気合が要ります!

今までめんどくさいな~と思っていたことを一つずつ実行していかなきゃ先に進めないからです。

 

でも、月額6千円の携帯代が2千円になり、年間で48,000円もお得になると考えたらどうですか。

夫婦そろって二人だと年間で96,000円ですよ!

 

年間で48,000円も携帯代が浮いたら、ちょっと旅行に行こうかな♪なんて夢が広がりますね!

もう「めんどくさい」なんて言ってられませんよ(●^o^●)

(注:具体的な数字は目安です。ただ我が家では現実的な数字です。)

 

現段階で私がプランした格安スマホへ移行する流れをいってみよう(^O^)/

 

http://www.flickr.com/photos/12615522@N02/6940654011

photo by nicola.albertini

 

核安スマホ移行の流れ

移行は1、2カ月かけて行う予定で、段取りとしては以下の通りです。

 

  1. 格安スマホを購入する
  2. SIMカードは通信のみを契約する
  3. メールアドレスを取得する
  4. キャリアメールから新しいメールアドレスに変更の連絡をする
  5. 国内IPサービスでIPの電話番号を取得する
  6. 携帯電話番号からIP電話番号に変更を告知する
  7. 海外IPサービスを利用出来るようにする
  8. 音声通話付きSIMカードを契約しMNPで電話番号を移管する

 

1、格安スマホを購入する

まず格安スマホを購入しないと始まりません。

種類は豊富にありますがリサーチもほどほどに。

決まる前に疲れていまい計画倒れになる恐れがあります(^_^;)

私は「asus nexus7」「freetel XM」のどちらかにしようと検討して「freetel XM」に決めました。

 

 

もっと安い機種もあり、「もっと安くてもいいんじゃない」とも思いましたがキャンペーンの威力に後押しされてこちらの機種に決めました(^◇^)

 

2、SIMカードは通信のみを契約する

本当は最初から音声通話付きSIMを選びたいところですが、MNPで電話番号を移管すると、即キャリアメールが使えなくなります!

 

ここは移行期ということで、ひとまずデータのみのSIMを選びました。

 

3、メールアドレスを取得する

GoogleのGmailでも良いと思います。

他の家庭はわからないのですが、我が家はGmalアドレスが一つしかありません。

今後、主人も格安スマホに移行する予定なので独自ドメインを取得してメールアドレスを新規で作成する予定です。

独自ドメインはあっけないほど簡単に取得できました。

次はメールアドレスだぁ!

ひなかなさんの記事が参考になります(^-^)

独自ドメインでメアド発行!自分だけのメールアドレスで個性を出そう! - ひなかな

 

http://www.flickr.com/photos/84263554@N00/5298151724

photo by kla4067

 

4、キャリアメールから新しいメールアドレスに変更の連絡をする

アドレスに載っている友人知人にはすぐにお知らせ出来ますが、何かに登録している場合ありますよね。

私の場合は、証券会社やネット銀行です。学校の連絡先にもね!

他にも皆さんそれぞれ登録していると思いますので、漏れなく変更していきます。

大変だけど、その先にはご褒美として旅行が待ってると思って頑張りましょう(笑)

 

5、国内IPサービスでIPの電話番号を取得する

SMARTalkなどの国内IPサービスでIPの電話番号を取得します。

ネット環境があるところなら、どこでも使える電話番号です。

マネー報道さんの記事がわかりやすいです(●^o^●)

 

moneyreport.hatenablog.com

このIP電話番号を取得することで、気軽に通信会社を変更することができます!

例えば、のちに音声通話SIMに変更して、他の通信会社に変更する時にいちいちMNPで電話を移管する必要がなくなります。

 

6、携帯電話番号からIP電話番号に変更を告知する

今後、MNPせずに電話番号を変更するかもしれません。その時の為に今のうちからIP電話番号を告知しておくと、通信会社を変更する時にお手軽になりますね!

 

7、海外IPサービスと国内IP電話サービスを利用出来るようにする

LINEや国内IP電話でも通話料金が安いと思うが、日本とは比較にならないほど安いのが海外のIP電話サービス。

格安スマホ切り替え第一弾の記事でも紹介しましたが、マネー報道さんの記事が参考になります!

【格安】海外IP電話サービスCheapVoipの話題まとめ 厳選12話! - マネー報道 MoneyReport

 

8、音声通話付きSIMカードを契約しMNPで電話番号を移管する

電話番号とメールアドレスが一通り変更の連絡が出来たら、最後に音声通話付SIMカードを契約します。

その際に、MNPで電話番号を移管します。(移管しなくても良い)

 

IP電話は電話料金が安く、通信会社に関係なく利用出来るのが最大のメリットですが、110番などの緊急通報が出来ません。

それが最大のデメリット(-_-;)

 

ですから、普段は使わなくてもこっそり携帯電話番号を持っておきたいと思い、このような流れになりました。

 

電話番号は変更しないって方は、国内のIPはすっ飛ばして良いと思います。

 

http://www.flickr.com/photos/7578081@N07/5511458538

photo by swisscan

 

格安スマホへ移行するのに何が一番ネックか?

これがですね、一番は「キャリアメールが使えなくなること」だと思います。

私は、これに一番抵抗を感じました。

MNPで電話番号を移管すると、キャリアメールが使えなくなるし、手続きが同時にできないのはメンドクサイ(^^ゞ

 

同じ通信会社でスマホにしたらキャリアメールがそのまま使えるのにね。
でも、ドコモなどの大手三社の携帯通信会社の料金は高い。だったら今のままで良いってのがこれまでの結論だったのよね。

格安スマホは半端ない安さ。魅力的です。

 

 

まとめ

最終段階の音声通話付きSIMへ移行する頃には自分に適したSIMの通信量とかも解るようになっていると思います。

もしくは、この通信会社は私に合わないから他に変更する必要があるってのも、感覚的に解るんじゃないかと思います。

 

文章にすると長いですが、要は格安スマホを購入してずっと使えるメールアドレス・電話番号を取得して、最後に音声通話ができるSIMにするってことですね!

 

携帯が早く届かないかな~♪

freetelのsimカードはiPhoneでも使えるそうですよ♪

freetelじゃなくても使えるのかもですが(^^ゞ

 

記事の更新情報などツイッターでお知らせしています。
良かったらフォローしてください^^