読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiratto-life's blog

二児のママです。大阪から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

友達が一戸建ての家を建てる。ローン支払いは厳しいそうだけど家族団欒の光景が見えた

友達が一戸建ての家を購入するそうです。

一軒家もマンションも不動産。

不動産は大きな買い物ですね。

 

消費税が上がる前に家を購入したのかと思えば、消費税が上がってからとのことでした。
増税前にも家を買うタイミングはあったものの、取りやめている彼女が何故に無理してでも増税後に家を買ったか。

彼女の購入ポイントが格段に良くてほっこりしました。

photo by yvestown

 

家は家族団らん、兄弟団欒の場所

いったんは諦めた家をなぜ増税後の今に購入したのでしょうか。
それは新しい建築プランとの出会いだったそうです。

 

彼女が欲しかったのはリビングと第二のリビング

子供たちも大きくなれば、兄弟同士でもライフスタイルが変わります。
兄弟で時間を共有することも少なくなっていきます。自分の部屋があれば部屋にこもりっきりになり、上の兄姉、下の弟妹が触れ合うことも少なくなるでしょう。

 

この第二のリビングで兄弟が集う場所に、そして時間を共有し絆を深める空間にしたかったそうです。

photo by Hamed Saber

 

持ち家は一生住むと考えなくていい

それでも、金銭的な事で躊躇したそうです。
そりゃそうです。
ローンを組んで一生このお金を払えるのか。
考えると不安要素は溢れてきます。

 

「10年住んだらいいよ。子供が大きくなるまで住めばいいでしょ」

その時の彼女のお母様の言葉が後押しになったそうです。

 

子供が巣立つまでの10年、15年を乗り切ったらそれで良し。
その時に売るか住み続けるか考えたらいいことだもんね。

 

大人になってから兄弟バラバラって人、多いと思います。
女性同士なら大人になっても仲良く映画を見に行ったり、買い物行ったりはありますが、姉と弟など異性間の兄弟は疎遠になりがち。

まるで赤の他人のように。今は仲良く遊んでいる兄弟なのに。

親にとっては寂しいです。

 

第二のリビングで強い絆を結んだ兄弟は、大人になっても強い絆で結ばれた素敵な兄弟に育つんだろうなと思います。

 

家を買う。
友達の考え方が温かくてほっこりしました(^-^)