読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiratto-life's blog

二児のママです。大阪北部から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

こども新聞を購読。新聞販売店にもご挨拶してきました。

子育て 勉強・学習・教育

 

「お母さん、ドラえもんの子供新聞が欲しい。」

小学二年生の子供が何かのチラシを見て言いました。

子供に言われたときは「調べとくね」と生返事をした私です。子供に「調べとく」と言った手前、こども新聞についてリサーチしました。

こども新聞も中高生向けと小学生向けがありますが、小学生新聞について調べました。

 

こども新聞は読売・朝日・毎日の三社から発売されています。

毎日新聞と朝日新聞から発売している小学生新聞は毎日発行です。読売新聞の小学生新聞は週に一回の発行です。

子供は「こども新聞がどんなものか読んでみたい」と好奇心で欲しがっていたのでドラえもんにはこだわっていないようだったので、読売新聞から発売の『読売KODOMO新聞』を購読することに決めました!

ちなみにドラえもんがどの新聞で載っていたのかは調べていません(^-^;

 

読売KODOMO新聞でこども新聞デビュー!

読売こども新聞は月額購読料500円です。お試しするのにお手頃な価格ではないでしょうか。毎週木曜日に発売で20ページあります。

購読料を新聞販売店に支払いに行きごあいさつ。こどもにとっては初めての新聞販売店です。普段の生活で販売店にあまり足を運ぶこともないと思うので雰囲気を感じたりと

良い経験になったと思います。

自分で読む新聞を自分で支払いをし、次月も継続するなら子供と一緒に購読料を支払いにいくつもりです。

 

こども新聞を読んだ子供の反応は?

すぐにポストに新聞を取りに行き、目をキラキラさせています!

この好奇心の塊を見ると何でもしてあげたくなります(#^.^#)

興味のない内容はとばしていましたが、それでも7割8割がた熟読していました。

ちょうど十五夜お月様の時期だったので新月などのお話し、地球温暖化、密漁でアフリカゾウが減っていること、全国の豪華な個性的なトイレの話しなどしっかり読んで自分なりの意見を言っていました。

漫画やクロスワード、英語の勉強のページも書きこんでいました。楽しいみたいです。

「早く木曜日にならないかな♪」と次号を楽しみにしています。

 

「新聞を取っておきたいから、どこになおしらたいい?」と子供から質問がありました。新聞って読んだら捨てる、と思っていましたが、子供にとっては書籍と同じなのかもしれない。どこにしまえばいいんだろう(・・?

100均で箱でも買ってきましょうか(^-^;