kiratto-life's blog

二児のママです。大阪から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

水いぼは治療する?自然に任せていたら大後悔する事態になった!

f:id:kiratto-life:20150820142759j:plain

 

水いぼって治療します?

 

子供が(現在4歳の男の子)去年の冬頃からプツプツッと皮膚に丸いイボが出来ていました。

水いぼになったこともないし、見たこともなかったのでたぶん水いぼだな~って程度の認識でした。

水いぼの知識も「プールの時期が終わってからうつることもあるんだね」って程度。

 

水いぼの数が増えたり減ったりで痛くもなさそうだしと様子を見ていました。

 

スイミングや幼稚園、保育園で水いぼを治療するようにと指導するところもあるし、水いぼがあっても構わないってところもあり各所で対応が違います。

子供が関係するところでは、どこも水いぼがあっても構わないところばかりだったので治療しない方向で水いぼを見守っていました(苦笑)

 

水イボの原因はポックスウィルスというウィルスです。
感染ルートは皮膚に接触してうつります。直接皮膚を触らなくてもタオルやプールならビート板などを介してうつっていきます。

 

治療は自然治癒か病院で治療の2択です。

病院での治療はピンセットで水イボを潰すか液体窒素で焼く?というか水イボを殺す方法で病院によって治療法は違います。

 

生温かく水イボを見守っていましたが、治療した子供がお尻などにも水イボができて数も多くて治療が大変だったと話していたので水イボが少ないタイミングで治療しようと病院を受診しました!

 

だけど、乾燥肌を直してからじゃないと水イボの治療が出来ないとの所見だったので、治療を断念。

水イボ治療までの道のりがあまりにも長そうに感じたので(~_~;)

それに水イボって子供が成長したら自然に治るとも聞いていたし生活にも困ってないので痛みもないんだったらいいよね~っと。

これが大きな間違いだった(ー_ー)!!

 

まさかこんな焦りまくる大変な事態になるとは。。。

彼に何がおこったか。

 

 

 

とびひ(伝染性膿痂疹)になりました!

花火で火傷をして水ぶくれが出来て、その水ぶくれも破けて、治りが遅いな~と思っていたら、いつもすぐに枯れている水イボが赤く粘膜が出ている!ジュクジュクしてる!

 

やばい!とびひだ(>_<)

 

夏の疲れで抵抗力も落ちていたんでしょうね。
あっという間にとびひが広がってます。

 

とびひの原因は細菌感染で黄色ブドウ球菌か化膿レンサ球菌が主な細菌です。
皮膚の傷に細菌が入り感染するので、皮膚の抵抗力が弱っていると感染しやすくなります。

 

水イボがある皮膚状態でとびひになるってことはね、

例えるなら

 

地雷がいっぱい埋まっているエリアに手りゅう弾が投げ込まれるようなもの

 

あっという間に感染が広がるし潰れていない水イボも潰れると簡単にとびひがうつることが予想されるので恐怖ですよ!

 

とびひになったタイミングも最悪だった!

そう、お盆休みにとびひになったので病院が長期お休みに入ってるんですよ。

なんとかお盆明けまで感染を広げずに耐えなければいけない。

 

急いでドラッグストアへ駆け込み薬剤師に相談してお薬をチョイス!
自分で吟味している時間なんてありません。

絆創膏かぶれるかもしれない。

高い安いコスパなんて値段のことなんて言ってられない!

サイズ・種類を各種買いそろえました。
写真に撮ってないのもたくさん買いましたよー!

 

本当はテープが当たる皮膚面積を少なくしたかったのでガーゼが良さそうだと思ったけど、傷口にガーゼがひっつきそうで止めました。

 

とびひを市販薬で治療

治療と言っても完治させようなんて思っていません。
広がらないように抑える!これが目的です。でも厳しそう(>_<)

 

ドルマイシン軟膏をたっぷり塗り絆創膏を貼りまくり。消毒薬は子供が激痛に顔をしかめてたので使用不可!

 

入浴は止めてシャワー。
なんとか小康状態を保っています。

けど、絆創膏のテープが当たる個所が赤くなっています!

もうかぶれて痒みが出そうで危険すぎる。やばいよ。早く病院行きたい(@_@。

 

お盆明けの月曜日。お盆が明けた安堵感で病院に向かうと月曜日まで休みでした!

で、火曜日にやっと病院を受診出来たのですが、処方通りの塗り薬と内服薬で翌日にはジュクジュクも乾いた状態になっていました!

希望が見えた瞬間です\(◎o◎)/

 

 

 

とびひの治療薬(処方薬)

ステロイドの軟膏をとびひに塗って亜鉛華軟膏をガーゼに塗り、そのガーゼをジュクジュクしたとびひにペタっと貼り付けます。

亜鉛華軟膏って初めて使ったのですが、この薬のおかげで傷口がガーゼにひっつかない、傷口がが乾燥します。

魔法のように!市販でも売ってたらいいのにと思うぐらい。

 

内服薬は抗生物質と痒み止めの二種類です。

 

病院受診後の治療3日目ですが、ジュクジュクしたとびひはなくなりました。

良かったよ(@_@。

 

今回のとびひで熱が出るタイプもあるようですが、発熱はありませんでした。

よかったよかった。

 

まとめ

水イボは自然治癒でも治るかもしれないが治癒までに時間がかかります。

水イボがある状態の皮膚は感染に弱い。

夏はとびひやあせもなどの皮膚疾患にかかりやすいので、水イボがある状態は感染を広げることになるので危険です。

 

私みたいな大後悔をする前に水イボは早期治療がおすすめです。

私が言うか!って感じですが^_^;

私もかなり反省しました。発熱したり手がつけれないような感染ならなくてよかった。

 

参考になれば幸いです(^O^)/