読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiratto-life's blog

二児のママです。大阪北部から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

お絵かきがあまりすきじゃない子供。もしかして自信がないのが原因かも

子育て

http://www.flickr.com/photos/35541543@N08/16193868951

photo by april-mo

小学生のお姉ちゃんは小さい時からお絵かきが好きで今では絵画教室にも楽しく通うほどです。

楽しくお絵かきをするので、こちらもそんな楽しい姿が嬉しくて塗り絵・お絵かき帳をはじめ、色鉛筆も水彩色鉛筆や24色入り色鉛筆など揃えていました。今年はお年玉でパステルを買うぐらいお絵かきが好きな子供です。

 

4歳の弟君はブロックなどの立体を作るのは大好きで得意。大物を作って誰が見ても「すごい」と言うようなものを作ります。

そんな弟君ですがお絵かきは好きじゃないみたいで、大好きな戦隊ものニンニンジャーの塗り絵をプレゼントしても「上手に塗れないからなー」と一言呟いて塗り絵をしようとはしませんでした。

遊びの中でお絵かきをしてみよっかと振ってみても「え~、無理やからいいわ。お姉ちゃん描いて」と自分ではお絵かきをしようとはしません。

誰でも好き嫌いはあるし苦手なこともあるし無理強いしても楽しくないしな~と思っていましたが、少し気になっていました。

4歳ですでに「無理やから」と諦める。達観しすぎやろ、というか何にでも意欲的な弟君がお絵かきだけ好きじゃないってのも引っかかっていました。

 

自信がないから行動に起こせない。

ある先生の講演で「自信がないから行動に起こせない。」という話がありました。それは集団行動での話でしたが、ふと弟君のお絵かきも同じじゃないかと思い個人的に先生に相談してみるとやはり、やはり自信がないことが原因みたい。

「弟君はもしかして自信がないのかも。苦手意識も感じているかもしれない」

「たくさん褒めてあげて。絵が嫌いなんじゃなくて自分はできないと苦手に思っているだけだから。」

お母さんか誰かが絵について何か言った?とも聞かれましたがほめることはあってもけなすことはないし、兄弟で比較すること発言もしない。これは育児のポリシーとして大事にしていることだから、比較はしない。

ただ弟君が「お姉ちゃんは絵が上手いからな」と呟くことがある。そんな言葉を聞くたびに「あなたも上手だよ」と声をかけるけど本人は納得しません。

 

講演での話を踏まえてもう一度、彼のお絵かきを褒めてほめて、褒めちぎろう大作戦を開始します!

 

褒めちぎり大作戦のその1

何気ないふりをして、過去の弟君が描いた絵を見て弟君が私に気付くのを待ちます。これは実際に作戦決行して大成功した計画です。

弟君:「お母さん何見てるの?僕の書いた絵を見てるの?」

私:「そうだよ。この顔のにこっと笑ってるのがいいね♪」

弟君:「見てくれてありがとう!」

なんと素直な弟君。見てくれてありがとうだなんて、可愛い♪
弟君は顔の口は全部、線を引いただけやねん。などマイナスなことを説明していましたが、お母さんはこっちの顔もこっちの顔も好きだけどな。と伝え、また他にも弟君の描いた絵がみたいわ。と伝えると弟君の感触は良好!

よし、次の作戦に行ってみよう!

 

褒めちぎり大作戦のその2

過去に弟君が描いた絵を部屋の壁に飾りました。まだ本人は知らないのでどんな反応するだろう。そういえば、お姉ちゃんの絵はたくさん飾っているけど弟君の絵はあまり飾ってない。だって、お姉ちゃんが自分で壁に貼っていて、弟君は自分で貼ろうとしないだけで、何かこちらでコントロールしているわけじゃないからな。

でも、弟君の絵を飾ったよ!弟君の反応が楽しみだ(^^♪

 

褒めちぎり大作戦のその3

弟君は今、恐竜に夢中。「恐竜の絵を描いてみようか」の誘いに快く応じる弟君。今までとは感触が違います。絵を描くことに前向きになっています。

でも「お休みの日にな」と言われてしまいましたので、あとのお楽しみです(~_~;)

 

まとめ

http://www.flickr.com/photos/18502598@N00/50592275

photo by shesaleo

行動を起こさないのは興味がないのではなく、自信がないから行動に起こせないってこともあるってこと。

子供がやることには褒めて褒めての言葉がけをしていましたが、今回のような自信をつけて苦手克服に向けての褒めて大作戦は初めての試み。

頑張るぞ!

 

以上、「お絵かきがあまりすきじゃない子供。もしかして自信がないのが原因かも」でした(^^)/