読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiratto-life's blog

二児のママです。大阪北部から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

おせち料理を作って正月を迎えました。毎年おせち料理の出来が違うけど今年は勝率5割

お料理・食べ物

おせち料理

 

あけましておめでとうございます!

子供が生まれてから毎年おせち料理を作っています。

その年で旦那がメインで作ったり私が作ったりで、今年のメインは私です。

おせち料理は全部で16品。よくぞ作った(^◇^)

 

おせち料理のお品書き

  1. えびのつや煮(美味しかった)
  2. 数の子(美味しかった)
  3. 鯛の昆布じめ(味が薄い)
  4. 昆布巻き(まあまあ)
  5. 酢れんこん(酸っぱい!)
  6. 鶏のてりやき(美味しかった)
  7. 黒豆(あっさりした甘さ、豆の色が茶色になった)
  8. 鶏肉と人参の煮しめ(冷凍した人参の触感がやわい)
  9. 紅白なます(味が薄い)
  10. 伊達巻(美味しかった)
  11. かまぼこ(美味しかった)
  12. ぶりの生姜焼き(まあまあ)
  13. 田作り(美味しかった)
  14. たたきごぼう(美味しかった)
  15. 栗きんとん(美味しかった)
  16. ごぼうの八幡巻き(でかすぎ!)

 

ちなみに旦那が作ったのは酢れんこんとごぼうの八幡巻きの2品。

数の子とかまぼこはそのまま食べれるのを買ったので実質12品を作りました。
よくやった(笑)

おせち料理を子供と一緒に作れるようになりました

「一緒に作りたい!」

今年の春から小学生になるお姉ちゃんが意気込んで言うものだから、一緒に作りました(^-^)

おせちは品数が多いけど、一つ一つの料理の工程は少なくシンプルなので子供でも手伝えることがあるんです。

子供が担当した工程はこんな感じ。

栗きんとん

茹でた芋を潰す。

・たたきごぼう

ごぼうを面棒で叩く

・黒豆

砂糖の量を量って入れる

・田作り

ごまめをバラバラにして乾燥しているか試食する

・紅白なます

大根を切って絞る

 

品数が多いので私は途中で飽きてきたのですが、子供のやる気に押されて最後まで作りましたよ(^_^;)

そんな気持ちがあったせいか、食べてみて「紅白名ます味うすっ!」など失敗した料理も目立ちました。
今まで失敗したことのない鯛の昆布じめも味が薄く、何でやねん(ー_ー)!!と自分の中途半端さに憤りを感じたくらい。

伊達巻は甘すぎてケーキみたい。美味しい(笑)
酢れんこんと鯛の昆布しめを一緒に食べるとちょうど良い味付けになってたり手作りならではの面白さがありましたね(*^。^*)

 

感想

子供と一緒におせち料理を作れたのは嬉しい思い出です。成長を感じたし来年も一緒に作れたらなぁと夢見たりしました。

鯛の昆布じめは作り方は簡単で美味しいんですよ!楽しみにしている一品だから失敗したのは痛かったなぁ。

のんびりしたお正月でした。

今年もどうぞよろしくお願いします(^O^)/