kiratto-life's blog

二児のママです。大阪から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

格安スマホをシニア向けにらくらくホンぽくカスタマイズするアプリを入れました

 

2月中下旬にpriori3の後継機『FREETEL Priori3S LTE』が発売されますね!
買ってすぐに次の機種でるなんてショック。ガビーン(@_@)

なになに、5インチで画面が大きくなってバッテリーも一般のスマホの約2倍だと。

すでに1/22から先行予約販売が開始されているけど、買ったばかりだから買わないもんね。プンプン。

正直な気持ちとしては、差額分払うから大きい画面のほうがいいなぁ(*´ω`*)

 

さて、以前に書いた記事の続きです。

普段使っているドコモのらくらくスマートフォンに似た画面にしてらくらくスマホにすべくアプリを調査しました。

参考にしたのがマネー報道さんの記事です。

 

なるほど!他にもあるかなと検索するとアプリってたくさんあるんですね。こんなにたくさん出てくると決めれませんよ(~_~;)

使い勝手は母が使ってみないとわからない。
私が使いやすいと思うのと60代の母が使いやすいと思うのは違いますものね。

ということで、3つのアプリをインストールしました(笑)

入れたのはこの3つです。

 

私もスマホを使いだしてまだ一年未満です。

アプリって簡単にカスタマイズ出来るんだってことを知りました(汗)

 

ラクホンfree

白黒だけどボタン大きいし、いいかな~って思いました。
メールのボタンを押すとSMSと電話のボタンが出ます。

 

SMSのボタンにハングアウト、メールのボタンにGmailを設定しました。
簡単に設定できましたよ。

 

簡単ホーム3Free

2ページがわたってアプリを設定できます。アイコンが大きいですね!

 

カンタンスマホ

こちらは愛媛ケーブルテレビが提供しているアプリです。

もともとは伊予銀行や愛媛新聞のアプリがボタンに割り振られていましたが、簡単に他のアプリに設定することが出来ました。

写真ではハングアウト・googleフォトのアプリが自分で設定したところですね。

電話をかけるのボタンを押すとどうでしょう。

数字のボタンも大きく押しやすそうです。

 

アプリをインストールした感想

ぱっと見はボタンも文字も大きいしシニア向けにカスタマイズ出来たと感じたのですが、メールなどそれぞれのアプリを開けていく段階になると通常の画面と同じです。各アプリまでが大きくなるわけではありませんでした。

その点が心配でしたが、その後、60代の母は格安スマホをどうしたのでしょうか。

母の感触を確認することにしました。

 

60代の母が選んだアプリはカンタンスマホ

ラクホンfreeは白黒だったのであまり好みじゃなかったようです。

次に簡単ホーム3Freeはらくらくスマートフォンと似てないのであんまりみたい。

カンタンスマホはらくらくスマートフォンと似ている印象で興味深々で嬉しそうでした♪

 

各アプリの画面は通常の画面と同じですが、母は特に気にしていませんでした。これが気にならないならトップの画面も初期のままで良さそうだけど。。。

 

他にインストールしたアプリ

googleフォトとハングアウト・googleカレンダーをインストールしました。keepもインストールしましたが母にはまだ説明していません。

 

その後

母からハングアウトでビデオ通話がかかってきました!
使い方を説明してなかったのに果敢にチャレンジしてくれていて嬉しいよ(*^-^*)

子供たちはおばあちゃんの顔が映るのが嬉しいけど、母的には抵抗があるようで画面の音声だけのハングアウト通話方法を説明。→マスター
ハングアウトのメッセージの送受信もマスターして着実に使いこなしています。

 

カバーがない状態で渡しているので、やはり手から滑ります。来週でも会いに行ってカバーを渡してきます(*^-^*)

その後の使い勝手もリサーチして最適化ですね!

 

余談ですが、母のセリフ2選。

「便利ね~。UFJ銀行のアプリ入れてほしいわ♪」

「アマゾンとか楽天とか買い物してみたいんだけどIDとかパスワードって何?インターネット契約した時の書類に書いてるの?」

 

怖いなぁ(>_<)

去年の年末にパソコンもプレゼントしていますのでしばらくはパソコン教室も行っていこうと思います(~_~;)

 

定期的に記事にしていきますので、パソコン初心者やシニアの方に説明するときに役に立てるような記事を書けるように頑張ります。

母に合わせてのレッスンですので、ゆっくり、ゆっくり、進みます。

高齢であっても着実に学び習得していけるんだと母から学びました。

私も母に見習っていこうと思います。