読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiratto-life's blog

二児のママです。大阪から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

『年収200万円からの貯金生活宣言 正しいお金の使い方編』を読んで新しい家計簿の付け方を学びました

私、お金に少々、関心が薄くて、、、

いや、株式投資は好きなんですよ!FXにも興味あるんです!

ただ、日々の生活にかかわるお金に無頓着で把握できてないのが現状です。

ふと気付けば口座残高が減ってる(>_<)

 

ここまでは以前の記事でも書いたのですが、その後、少しお金に意識を向けるようにすると口座残高の減りがストップ!少しだけど微増しました(^。^)v

(以前の記事はこちらです)

 

 

 出費が減った!口座残高が増えた!

意識を変えよう!生活を見直そう!

見直した結果、私がすぐに取組んだのは4つ。

 

  1. 買い物回数を週に2回までにする
  2. 食洗機、洗濯乾燥の使用を週に3回にする
  3. 暖房はこまめにオンオフをする
  4. 携帯の料金プランの見直し

 

献立の予定を立てれないから、その日の気分でチョイ足しで毎日のように買い物をしていた私。
これを買い物回数を減らして、「今ある食材で今週を乗り切る!」ってスタイルに変更。

不思議とお料理下手な私もなんとかなるもんで、現金が残るようになりました。

イェイ!

 

食洗機、洗濯乾燥機をフルタイムで働いていた時のなごりで毎日フル稼働していましたが、使用回数を減らしました。
全く使用しないのは続かなさそうだったので、「減らすだけ」の選択。

それと、暖房のオンオフ。「部屋が暖まっているのに付けっ放し。」これを止めました。

すると効果てき面で、この寒い時期でもガス代・電気代ともに去年より下がっていました!

 

携帯電話ってプランがよくわからないけど見直してみると約半額になりました!

今までがムダ過ぎたってことですね(-_-;)

 

結果、

少しの意識改革で出費が減りました!

 

こうなると家計簿つけたくなりますよね。

家計簿への意識が「つけなきゃ」から「つけたい」へ

もっと把握して適正金額な家計にしたい。

でも、今までと同じ方法だとまた続かないような気がする。

そこで、年収200万円からの貯金生活宣言 正しいお金の使い方編(著:横山 光昭)を読んでみて、家計簿の新しい考え方を学びました。

 

消費・浪費・投資の割合

年収200万円からの貯金生活宣言 正しいお金の使い方編

年収200万円からの貯金生活宣言 正しいお金の使い方編

 

 

著者である横山 光昭氏は『年収200万円からの貯金生活宣言』14万部も売れたベストセラーをはじめ、シリーズで家計についての書籍を出版されています。

 

「要は使わなきゃ貯まるって話でしょ。それかケチケチ節約か。私には向かない」

そんな貯金・節約本のイメージを覆す内容でした。

 

適正な家計にするために大切なことはお金の使い方

電気代がいくらか、食費がいくらかじゃなくて、『消費・浪費・投資』に分けてどのような割合でお金を使っているかを把握するのが大事なんですね。

 

【目安としての割合】

  • 消費:70%
  • 浪費:5%
  • 投資:25%(内16.6%を老後資金に)

 

実践方法

レシートを消費・浪費・投資に分けて一週間単位で集計する。これを3カ月続ける。

 

感想

 少しお金の使い方に意識を向けるだけで、使い方が変わります。

使うべきところにお金が使えるように、お金の使い方をコントロールしたいですね。

 

課題

お金をコントロールするって意味で私は一週間の献立を考えれるようになりたい。

お料理上手になりたい。

もう少しお料理の幅を広げなきゃ、ワンパターンで家族から不満が溢れだしそう(~_~;)

それに今のうちにお料理の工夫が出来るようになったら、子供が大きくなっても助かると思うのよね。

 

一番良い方法は、出来てる人の真似をする。「真似て学ぶ」が最良の方法。

献立あ~んどお料理の先生を募集中です(^◇^)

 

記事の更新情報などツイッターでお知らせしています。
良かったらフォローしてください^^