読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiratto-life's blog

二児のママです。大阪北部から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

初めての信用取引。株主優待つなぎ売りでかかった手数料はいくら?

株主優待

SBI証券のキャンペーンで株主優待つなぎ売りを知り、今回初めて信用取引をやってみました。信用取引デビューです!

株主優待つなぎ売りに関してはこちらで記事にしていますので、良かったら読んでみてくださいね(*^-^*)

前回調べた時に、株主優待つなぎ売りでかかる手数料は600円ほどとのことでしたが実際の手数料はどうだったか、好きな株が買えたのかなどをレポートします。

 

株主優待つなぎ売り取引発注は権利確定日の寄付き前にすること

3月の権利確定日は3/28月曜日だったので、3/25の取引終了後から取引注文が出せると思っていましたが、正確には3/25の19時から取引注文が出せます。

権利確定日までに注文を出しておいて権利日の寄付きで同時に取引決済完了する流れです。

ゲットした銘柄はマルハニチロ(1333)です。マルハニチロの株主優待は自社製品の詰め合わせ♪

カニの缶詰やほぐし鮭の瓶詰など使い勝手が良いですね。カニの缶詰なんて自分で買うことないから嬉しいな♪

 

株価は226円で100株、約定単価は226,000円です。手数料はさていくら?

現物買いの手数料は293円

いつもやっている現物取引なので特に疑問はありません。次は信用取引を見てみましょう。

 

信用売りの手数料は206円

信用売りの手数料は206円。信用取引には手数料の他に金利(貸株料)がかかるんだよね。

 

信用取引の金利は1日で約23円。2日分で約46円。

権利確定日の3:30以降に現渡しで注文出すことってあったので、28日の夜に注文出して29日の朝8時頃に取引完了しました。
諸経費等には信用取引手数料も入っているので29日朝の段階で金利は23円(229-206=23円)。28日の1日分ですね。

金利は翌日に確定するので29日の分は30日にはっきりとわかりますが、1日目と大きく違ってくることはなさそうです。

だから金利(今回は貸株料)の合計額は46円ほど。

 

株主優待つなぎ売りでかかった手数料は545円ほど。

 

SBI証券のつなぎ売りコスト計算の説明通り、確かに600円ぐらいで手数料は収まりそうです。

こんなに低価格で株主の権利が取得できるならたくさん取引したらいいじゃん!って思うでしょ。

私もそう思っていたので、2銘柄ほど買おうと思っていたのですが何でも好きな銘柄が買えるってわけではありませんでした。

買えると思っていた銘柄が買えなくなっているんです!

証券会社の在庫が不足してくる。

 

 信用売りとは証券会社が保有している株を借りて株を売るわけですが、株主優待を取得するべくみんな株を取り合いになります。売建受注枠が受付不可になっていると信用売りが出来ません。

銘柄の選定には3月株主優待の内容を見て、受付不可になってないかをチェックして決めました。

少額でいいな~って思っている銘柄は受付不可ばっかりになっていて、意気込んで取引するつもりだったけど今回はダメじゃないかという気持ちになりましたがマルハニチロが買えただけでもよかったです。

 

まとめ

株主優待つなぎ売りの手数料は約600円。まだ確定ではありませんが大きく外れることはなさそうです。それに見合った株主優待の銘柄を選びましょう。

それにしても、本当に取引は成功したのか。株主優待のご案内が来るまでは安心できない初めての信用取引初心者がお送りしました(^^)/

 

無事に株主優待品をゲットできました!

kiratto-life.hatenablog.com