読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiratto-life's blog

二児のママです。大阪から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

待機児童を解消するためのアイデアを考えてみた! #taikijidou0challenge

子育て 考え方 生活

http://www.flickr.com/photos/32594277@N04/3493000349

photo by Kenny Teo (zoompict)

 

仕事をする母が子供を保育所に預けれないのは大変です。毎日が整っていないと安心して働けないよね。子育てだってアップアップになっちゃうよね。

 

我が家では私が正社員で働いていたこと、子供が生まれた時期が早かったので役所への届け出が早かったこと幸いして二人とも第一希望の保育所へ入所しています。

でも、これが1月や2月、3月では第一希望に入所できなかっただろうし、入所も出来ず仕事も辞めていたかもしれません。

いや、私なら無理をしてベビーシッターを雇って経済的に追い詰められていたかも(^^;
冗談抜きで何度かはベビーシッターを利用していました。

仕事、休めません!!

絶対に休めないときがあるのです。

 

認定こども園が普及して保育所への入所基準は緩くなったのですが、なぜだかママ友たちに入所できない人が続出。
中には20か所も希望を書いたのに、どこも入れず。なぜ???

 

こちらの記事で行政のカラクリを知って今のあり方にモヤモヤ。

 

待機児童問題に少しでも力になれたらな~と思い、アイデアをひねり出してみました!

「またまた~無茶なことを」と一笑されるような内容なってるかもしれませんが、その時は大きな声で笑ってください。
笑いはストレス発散になりますからね(笑)

 

待機児童を解消するためのアイデア

1、保育所を新設する場所がないなら小学校で保育をする。

http://www.flickr.com/photos/59019203@N03/8537581723

photo by Uncalno

小さな子供たちもいずれは小学校に入学します。

学校には大きなグランドもありのびのびした空間が広がっています。

学校の片隅で保育所のスペースを確保して保育所を開園する。

校区ごとに待機している乳児・幼児を受け入れるようにしたらいいかなって思うんだよね。

 

2、保育する大人は小学校のPTAや地域のボランティアの手を借りる

http://www.flickr.com/photos/127589628@N08/15582866487

photo by migelli

ベルマーク役員からのお知らせで今年度の収入報告がありました。3月に順調にベルマークが貯まったとしても1児童当たり年間で160円ほどの収入。月額に換算すると約13円。年度末には協力のお礼として子供たちに粗品をプレゼントするそうです。

その金額に人員や時間を割くよりは思い切って、小学校で保育園が開設した折にはボランティアスタッフとして働いてもらいましょう!

地域の子供は地域の大人で育てるって考えがマッチしますね♪

 

3、子供が1歳になったら義務教育のように保育所に入れるように制度の改定を希望する

http://www.flickr.com/photos/91991970@N00/2261753548

photo by ~PhotograTree~

三歳児神話もありますが、それより私は虐待ニュースのほうが怖い。

子育てを家庭だけのものにするのではなく、いっそのこと1歳あたりから全ての乳児が保育所に入る決まりになればよいと思っています。

義務教育のように何も考えずに1歳になったら入園するって法律。

これマジで一押しの考えで虐待も減ると思う。

 

4、子供を連れて仕事ができると会社に報奨金なりメリットが出るようにする

http://www.flickr.com/photos/37961843@N00/5781495140

photo by santheo

預けれないなら預けなくても仕事ができる社会になればいい。

会社にも金銭的なメリットが出るようにすれば導入されるかなぁ。

たくさんの子供が会社に来て、当番制とかで子守り当番があればいいね(#^.^#)

社長が子供を抱っこして散歩とかさ!

 

5、保育士の待遇改善して保育士が増える環境づくり

http://www.flickr.com/photos/10559879@N00/23310381605

photo by avlxyz

保育士さんはすごい。パワフルだしアイデアマンだし周りを見つつ一人一人の子供にも目を配りスーパーマンです。

尊敬しています。

保育の仕事は肉体的にも精神的にも大変だろうけど、子供と触れ合い成長を感じ、安直に言いたくない言葉ですがやりがいのある仕事です。

でも、そんな保育士さんの待遇は特に給与面での待遇が悪くびっくりするほど年収も低いと聞きます。

保育士を守るために給料が上がることが第一だと思いますが、行政のことはすぐには行動に繋がらない。

なら、仕事の負担を減らすことができればいいのでは。保育園で保育士のアシスタントとして地域のボランティア、小学校のPTAママさんが活躍して保育士を支え環境改善が出来ればいいな!と思うのですがいかがでしょうか(^-^;

 

6、老人介護施設と保育所を合体させた施設を作る

http://www.flickr.com/photos/89388043@N02/8137724587

photo by hugabub.com

人は役割を持つと元気になると考えています。何もすることがないと無気力になります。
いろんなイベントで年配者の方に昔のおもちゃの作り方や、川に住む生物の観察、田んぼの生き物、お菓子作り、折り紙など子供へ教えてもらった経験があります。

年配者はスペシャリストです!また子供の話をよく聞いてくれる気の長さ、子供のわがままを笑って受け流す懐の深さがあります。

年配者は知識の宝庫で人生の先輩です。経験に勝るものはないと考えています。

どんどん子供と触れ合って子供におばあちゃん、おじいちゃんの経験を伝えていってほしい。

保育士だけが子供を保育するのではなく、高齢者と保育士が子供を保育する施設があればよいなって思います。そこに介護士がサポートする感じね!

 

さいごに

http://www.flickr.com/photos/41284017@N08/13434141274

photo by USDAgov

子育てすることとで肩身が狭くなる社会ってなんだか辛い。本当は喜ばしいことなのに、子供を産んだことで仕事しずらくなるのって、ツライ。

働く女性が子供を産むことで無責任だと言われることもある。

女性が働くのなら子供を産んではダメなのだろうか。

そんなことはないはずなんだけどなぁ。

子供が熱を出しては仕事を休み、残業できないママ社員はお荷物だと言われ、ファミリーサポートを利用して残業もこなし仕事をすれば、そんなに家庭をないがしろにしていいのかと言われ、どうすればいいんだと思っている人は少なからずいるはず。

どこにも、誰にも、ゆとりがないんだよね。

 

待機児童ゼロの行政のからくり。表面だけ繕ってもダメだよ。

なにかできること一緒に考えてみませんか。

どんな立場の人なんて関係ない。自分のブログで待機児童のこと書いてみませんか。

  「待機児童ゼロチャレンジ」で何か新しいプラスの前進があればいいな♪

「待機児童ゼロチャレンジ」の参加要項は下記の通りです。

  1. ブログなどの記事を発信する媒体を持っていれば誰でも参加できます
  2. 「待機児童」について思うこと、経験談、対策、喜怒哀楽、その他諸々を記事にする(ご自身のブログ等で)
  3. 記事のタイトルに「#taikijidou0challenge」を入れて、このチャレンジだとわかるようにする
  4. Twitterでハッシュタグをつけてシェアする
  5. 自分が「待機児童」について考えを発表して欲しい人を2名指名する

※どうしても次に回す人がいない場合は、そこで止まっても大丈夫ですよ^^;
※でもできれば回してくれると嬉しいで

 

 私、次に回す人いないので、どうしましょ(^-^;

誰かお願いしますと無茶ぶりして終わります。ペコリっ