読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiratto-life's blog

二児のママです。大阪から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

双子を妊娠したら出産は帝王切開なのかな?

http://www.flickr.com/photos/42620503@N05/4209950157

photo by { brandie }

 

松たか子さんから妊娠報告がありましたね!出産予定は2015年の春だそうで嬉しいニュースです。楽しみですね(^-^)
2015年の春に出産予定と言えば、あのイギリス英国のキャサリン妃も第二子を来春の春に出産予定。

すでに双子で女の子を出産するとウワサされているそうです。
面白いですね!

 

キャサリン妃はたぶん双子じゃないと思いますが、双子の出産が増加しているそうです。
高齢出産や高度不妊治療による体外受精排卵誘発剤の使用像がが原因じゃないかと言われています。

不妊治療の末、40代で双子を妊娠ってことも!

 

芸能人でもセリーヌ・ジュオンやインリン・オブ・ジョイトイブラッド・ピットの奥様アンジェリーナ・ジョリー郷ひろみの奥様など双子を出産されています。

上記の方は全て帝王切開です。双子の出産は帝王切開が普通なんでしょうか?

 

双子はリスクが高いのか?

「1+1で2倍」のリスク?
双子妊娠のリスクは単純なものではありません。

 

双子と聞くと、1卵性か2卵性かが気になる人が多いと思いますが、このとき大切なのは、「膜性」といって大まかにいうと胎盤が1つか2つか、また、胎盤が 1つでも2人のベビーの間を分ける羊膜があるかどうか。 胎盤が2つだと、双子にはそれぞれの胎盤から血液が送られてくるので、栄養や酸素がバランスよく届きます。また、羊膜で分かれていれば2人のへその緒が絡 むような危険もありません。

(引用元:ニンプス)

 

二人いるんだからへその緒も絡まりやすくなりますよね(-_-;)

栄養のバランスだって心配ですね。
二人ともが同じ体重だったら気にならないだろうけど、一人は大きくて一人は小さいってなると心配でたまりませんね(@_@。

 

代表的な双子のリスクとして、胎盤が1つだと双子間の血流や羊水のバランスが崩れる病気、双胎間輸血症候群があります。
胎盤が1つの双子の10%起こる症状だそうです。ビビる数字ですね!

 

他のリスクとして早産ですね。

お腹も張りやすくなるし、子宮口も開きやすくなります。
そのため30週ぐらいから管理入院を勧める病院も少なくないようです。

 

普通分娩も可能だが帝王切開が多い理由

赤ちゃんが二人とも逆子出ない、体重も問題なく母子ともに健康、週数が34週を超えているなど条件が揃えば普通分娩も可能だけど、自然分娩のリスクも大きい。

 

 

  • 双子同士の身体・へその緒が絡み合い、分娩停止になる可能性
  • 出産時にいきんでも、子宮が伸びているためにいきむ力が不十分な可能性
  • 微弱陣痛や陣痛が長くなってしまうといった陣痛時の異常
  • 弛緩出血(胎盤がはがれたあとに、そこがうまくふさがらず大出血すること)の可能性

 双子を自然分娩で出産する場合には、1人目よりも2人目の出産で異常がおこりやすいといわれています。1人目を出産することにより、2人目の胎位が変わってしまうために、2人目のほうがトラブルがおきやすいのです。

 (引用元:mamari)

 

後に生まれる赤ちゃんはお腹の中で待っている状態。時間もかかるだろうし二人目にトラブルが起きやすいのは納得です。

双子の出産でお金の話し

帝王切開の場合、保険適応になります。
普通分娩でもお金の準備が必要ですね(^_^;)
双子の出産は帝王切開が多いと思うので、高額医療の事前申請を手続きすると病院の窓口で一定の限度額以上を請求されないのでオススメです。

 

出産育児一時金は二人分支給されるので84万円ですね!

こちらも事前申請がありますよ(^-^)

 

まとめ

普通分娩もできるけどリスクが大きいから帝王切開が多いです。

双子を出産したママさんは二人の赤ちゃんを同時に授乳していました。
たくましい!

元気にすくすく育って欲しいですね!

 

◆帝王切開で出産した時の話しです。こちらもおすすめです(^O^)/

 

記事の更新情報などツイッターでお知らせしています。
良かったらフォローしてください^^