読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiratto-life's blog

二児のママです。大阪北部から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

乳腺炎の次に辛かったのは乳頭が切れた時の授乳 傷口に塩を塗りこむような痛さでした。

妊娠・出産・帝王切開

http://www.flickr.com/photos/37996580657@N01/1107055096

photo by j l t

 

母乳育児で乳腺炎もたいがいな痛みですが、乳頭、乳首が裂けるっていうのか、切れた時のあの傷口に唐辛子を塗って火がつくような痛みも別格でした!

 

意外にも二人目の時に乳首が切れました

赤ちゃんの母乳の飲み方は独特で舌を下から上で乳首を巻き上げるように飲むんですね。

だから乳頭が良く伸びるように妊娠中に乳頭・乳輪部のマッサージをして柔らかくしておくように指導がありました。(一人目の時)

 

二人目の時は指導があったのかどうか覚えていませんが、すでに乳頭はよくのびる状態だから大丈夫と妊娠中にマッサージはしませんでした。

 

それよりも二人目の弟君の方が身体が大きかった分、吸う力が強かったです。
で、油断してたんですね。私。

 

赤ちゃんがくえている乳頭を外す時に赤ちゃんの口に指を入れて外すのですが、その時にひっぱってしまい、乳頭がパカッと裂けてたのです。

 

裂けただけだと「痛~い」って程度です。
でも授乳となると別格の痛み(>_<)

 

赤ちゃんは舌で乳首を巻き上げならが母乳を飲むので、傷口を舌で吸い上げるんですよ!

冷や汗もんです(>_<)

もうね、ふんがーって歯を食いしばって痛みを堪える感じ。

 

そんなに痛いなら授乳を休めばって思うでしょ。

授乳休んだら乳腺炎になるんですよ(T_T)

 

だからね、痛いってわかってても赤ちゃんに乳首をくわえさせて、また乳首を外す時が怖い!
潔く外せば痛みも少なく傷口も広がらず済むんですが、なんせビビっていますから躊躇しちゃうんです。

 

乳頭が切れた時の私が実践した4つのケア

乳頭を保護するカバーとかを使いましたがうまく授乳ができませんでした。
基本的に心がけたのは保湿・抱き方・短めの授乳です。

 

ワセリンなどで保湿

傷口にワセリンやバーユなどをたっぷり塗ってラップを貼り保湿しました。
授乳のときだけ拭き取り、授乳が終わるとまた保湿してって流れです。

 

授乳時の抱き方を変えた

フットボール抱きや縦抱き、横抱きなど授乳のときの抱き方を色々と試しました。赤ちゃんの口の向きと傷口があまり痛くないなうなポジションを探しました。

 

圧を抜く程度の授乳にした

傷口があるほうの乳房は乳腺炎にならない程度になって欲しいので、圧を抜く程度の短い授乳を心がけました。

でも、赤ちゃんの口を外す時が怖いんだよな~


赤ちゃんにお腹一杯に母乳を飲むのは傷口がないほうの乳房で飲んでもらえばいいからね!

乳腺炎にならず、かつ、傷が治ることが目的だからね。

 

さいごに

乳首が切れた時は火がつくような痛みです。

ですが、傷口が治った後も何回か乳頭が裂けました(苦笑)

ちょっと裂けた程度だったら大丈夫かな~って思ってたらどんどん裂けちゃったとかね。

 

今、授乳中の方で乳頭が切れてしまったら、上記の方法をお試しください(^o^)/

 

◆こちらの記事もおすすめ

kiratto-life.hatenablog.com