読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiratto-life's blog

二児のママです。大阪から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

【大阪】ローラー滑り台が恐竜の口に吸いこまれる!外遊びが楽しい。寒さも吹っ飛ぶぞ!

 

ガオー!

ローラー滑り台で恐竜の口の中へ突入!恐竜の大きな口からはガオーと鳴き声!?が聞こえますよ(*^-^*)

 

こちらは関西国際空港の近く大阪府阪南市が運営管理する公園『わんぱく王国』です!

 

わんぱく王国で遊んできたよ!斜度のきつい滑り台がスリル満点!

ローラー滑り台は山の斜面を利用しているので角度が凄いんですよ。迫力満点!スピードものりますよ~。スピードが出るので小さな子供が一人で滑るのは少し怖いぐらい。
我が家も子供が怖がったので一緒にローラー滑り台を滑りました。
アドレナリンがどっと出る、スリルがあって面白い!私もノリノリになりました(*^-^*)

 

阪南市のホームページを引用しますが、恐竜もデカイ!あまりの大きさに我が家の娘は怖がって近づこうとせず、弟君もビビっていました(^_^;)

恐竜(高さ10メートル×長さ21メートル×幅5メートル)

滑り台の着地点に設置されていて、利用者が口の中に滑り込むと、吠える仕掛けになっています。大型で攻撃的な陸生肉食は虫類「ディメトロドン」をモデルとしています。

ビジュアルも本格的でリアリティがあります。これだけでも私はテンション上がったけどな~。

 

滑り台は4つ。特に斜度のきつい二つは山を登っていくのだ!

ローラーエクスプレス(L=200.0メートル)

山の急斜面(最大急斜32度、通常8~15度)を利用し、最後の着地点で恐竜に飲まれるようになっています。

滑り台が4本あり、そのうち2本は恐竜のところから階段を上っていきます。ところが、階段を上ったところに、滑り台の滑り終わりの箇所があるのです。もっと高いところに滑り台があるのですが、階段ではもっと上にある滑り台には行けません。

山登りのように山道を登っていきます!

ハイキングをしてるような気分になってこれはこれで楽しい♪

 

階段も上りますよ。

子供は自分の足でどんどん歩いていきます。
山登りエリア?はベビーカーは無理ですね。自分の足で歩けない小さい子供用の遊ぶエリアもありますのでご安心ください(*^-^*)

 

シダ植物を観察しながら、とにかく、山を登ること5分~10分すると上段の滑り台に到着!
上段の滑り台の写真はありません。ごめんなさい(>_<)
私も滑り台が面白くてテンション上がり過ぎてましたね。あんなに急な山道なのに何度も上りましたよ♪

 

上段のローラー滑り台よりを通り過ぎてももっともっと上に登っていくと展望台があります。

わんぱく砦まで登頂したよ!

わんぱく砦

標高約210メートルの山の上にある木造3階建ての展望塔。山頂から関空を眺めることができます。

 上段の滑り台からわんぱく砦までさらに10分ほど歩いたでしょうか。けっこう山道の角度がきつくて上りがきつい。途中で弟君が抱っこと言いそうなところを休憩しつつやり過ごし登頂!ガッツポーズ!やりましたよ。登り切りました!

 

見晴らしサイコー!

 

基本情報

最寄りの駅 JR阪和線 山中渓駅下車

駐車場 140台(料金 普通車500円 大型車1,500円)

 住所:大阪府阪南市山中渓119-8

 

まとめ

ローラー滑り台で段ボールとか専用の板があったほうがいいです。よりスピードがのるのでスリル満点です。

トイレはトイレットペーパー完備していました。公園に入ってすぐに広場や小さい子供向けの遊具があります。滑り台はハードですが、公園は要ってすぐのエリアはのんびりできますよ。

自動販売機と授乳ルームもあり春になればバーベキューも開園するそうで暖かい季節は賑わいそうですね!

私はレジャーシートと簡単におにぎりを持参しました。

翌日は筋肉痛が必至ですが、大人も子供もおもいっきり体を動かして遊べる公園でした。

以上、「【大阪】ローラー滑り台が恐竜の口に吸いこまれる!外遊びが楽しい。寒さも吹っ飛ぶぞ!」でした。

寒さをふっ飛ばす勢いで公園に飛び出してみてくださいね(^^)/