読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiratto-life's blog

二児のママです。大阪から子育てなどを中心に書いています

 

スポンサーリンク

 

在宅ワーク、クラウドソーシングを利用してネットで記事を書いたりなど副業をした時の感想

http://www.flickr.com/photos/83346641@N00/8671399450

photo by JD Hancock

 

ブログを初めて、腕試しのつもりで記事を書く仕事、ライターの仕事をしたことがあります。

クラウドソーシングを利用すればネットで在宅ワークが出来るって便利!と思い、お小遣い稼ぎにもなるし、「一石二鳥だわ♪」くらいの気持ちでチャレンジしました。

 

今はもう利用していないのですが、その時に感じたことを少しだけ書きます。

副業・お小遣い稼ぎなどでクラウドソーシングに興味がある方へ参考になればと思います。

いや、参考にならないかも(-_-;)

 

クラウドソーシングの仕事

クラウドソーシングはデザインやプログラミングなど専門知識の必要な仕事から、文章を書く仕事、キャッチコピー、社名、チラシデザイン、アンケート、ただのネット検索する仕事など様々な仕事がありました。

 

私は、アンケートや簡単な仕事もスキマ時間の穴埋めと思ってやりましたが、文章のスキルアップの修行の意味もあったのでライターの仕事を中心にやりました。

 

ライターの仕事もピンからキリまであるけど

恋愛や育児体験、仕事観など、300文字や500文字など、単純簡単な仕事から始めました。

記事のタイトルを考えるだけの仕事もあり、キーワードを盛り込んで50個のタイトルを考えるとか、発想の修行みたいに取組みましたよ。

やれば出来るもんだと思ったものです。

 

でも、芸能やコスメやファッションなどは私は発想が広がらないのでジャンルに苦しんだことも^_^;

 

記事の流れなど勉強になった仕事もありました

http://www.flickr.com/photos/68751915@N05/6869768383

photo by 401(K) 2013

 

私が一番長く取り組めたのは金融関係です。

記事の複数あるタイトルに2つ、3つのキーワードを盛り込み、内容を書いて、フォントの調節、リンクへ誘導する文言を考え、フリーの写真を探してとかなり勉強になりました。

 

ですが、興味のある分野ですが知識のない内容なのでネットで調べまくりました。
調べても内容が間違ってないかと公式ページや他のサイトでも調べ、「間違っていない情報だ」と納得いくまで調べて記事にしました。

 

もちろんコピペなんてしません。当り前のことですが、すべてオリジナルの文章です。

 

丁寧にやるもんだから、一つの記事を書くのに6時間から8時間かかっていました。

報酬はたしか1000円でスタートし2000円近くまで上がりました。

容量の良い人はもっと早くたくさん書けると思いますが、私はまあこんなもんです^_^;

 

記事にするまでの一連の流れなどを学び、キーワードを盛り込んで記事を書くコツみたいなのを学んで、潮時かなって感じたので終わりにしました。

 

マニュアルもしっかりしてて、画像の著作権などの説明もありフリー写真の探し方などもマニュアルに盛り込んであり、仕事の発注の仕方としても学びは大きかったです。

 

どうしても出来ないと思った仕事

http://www.flickr.com/photos/33646230@N03/4260719610

photo by sipazigaltumu

保険のアンケート

一つは保険のアンケートかなんかだったけど、保険の相談に行って感想を述べるみたいな内容でした。

短時間で高額な報酬。

そんなウマイ話があるのだろうかと、考えた結果、アフィリエイトを悪用しているのかもしれないとの考えがよぎりました。

 

予測であって実際はどうかわかりませんが、禁止事項に触れて不正行為に加担したくないよ~とその仕事はキャンセルしました。(-_-;)

 

まとめ記事

もう一つはまとめ記事、キュレーションっていうのかな(・・?

まず、ジャンルがファッションブランドで苦手中の苦手だったことと、画像の取り方にモヤモヤした疑念が湧いたことが出来ないと思った理由です。

マニュアルでの画像の取り方がフリーの画像とかじゃなくて、ヤフーやグーグルで画像検索して記事に合致するのを選ぶというやり方でした。

その画像をダウンロードするのではなく、画像のurlをコピペしてって内容で、著作権とか大丈夫なんだろうかと心配になりました。

 

納期も短くてまとめきれずキャンセルしました。
一旦請け負った仕事をキャンセルするのは大人としてどうかと思いましたが、私には無理だったのです。くすん(@_@。

 

まとめ

http://www.flickr.com/photos/11556508@N00/7647514860

photo by Douglas Brown

 

ライティングの仕事を中心にしましたが、勉強のためとか肩肘張らなかったら、気楽に書ける内容の仕事もたくさんありました。

ほんと、おこづかい程度ですが、外で働けないけど在宅でちょっとお金が欲しいな、スキマ時間を活用したいなって思う人にはクラウドソーシングの在宅ワークは良いシステムだと思います。

 

他に感じたのは、記事を書く仕事が溢れかえるほど多かったのは「オリジナルコンテンツ」に価値があるということの実証だと感じました。

 

オリジナルに価値があるなら、平凡な自分の経験が貴重なオリジナルコンテンツになる財産と捉えることも出来る。
その価値に気付いて活かすことが出来るかどうかは自分自身の気付きと努力にかかっていると感じました。

 

少し横道に逸れますが、

「キーワードを意識して記事を書く」

このブログで実践できているかは横に置くとして、時事問題や芸能、トレンドなどいろんなジャンルの記事を書いてみたいと「書く」ということへの興味が一層強くなりました。

 

在宅ワーク、クラウドソーシングを利用してネットで記事を書いたりなど副業をした時の感想 についてでした。

参考になるようなならないような記事になってしまいましたが、いかがでしたか。
興味がある人はトライしてみてください(^-^)

でも、知らず知らずに法に違反するような内容もあるかもしれないので、気を付けてくださいね!